愛知県/岐阜県エリアの自動車解体・リサイクル・自動車引取・自動車中古部品販売なら近松商会

トップ > ブログ・ニュース > 真実と行動と

2007.04.25

真実と行動と

 

「京都議定書」に定めがない、2013年以降の温暖化対策で(ポスト京都議定書)

アメリカとの連携強化での合意等、CO2削減目標達成に向けた、政府間の動きが

外交戦略上だけで、活発化してきています。

京都議定書は2012年までにCO2などの排出量を1990年比で日本6%、米国7%、

欧州連合(EU)8%それぞれ削減するよう義務付けられていますが、日本は05年度

の速報では温室効果ガスの排出量は90年比で8.1%増加していて、京都議定書の

約束を守るには、合計14%以上を削減しなくてはならないといわれています。

ポスト・・・??  先にやる事があるでしょ・・・って思います。

 

国内でも、自主的行動計画の策定を、関係省庁から、業界に働きかけたり、CO2

排出情報義務や、割り当て制導入の検討、排出権取引きの中小企業への普及や

CO2排出量が少ない会社は、減税、多い会社は、増税なんていう、アメとムチ政策

まで、検討に入っているらしいです。

日本経団連も、削減目標とエネルギー利用効率の関係、同じ国内総生産(GDP)

を生み出すのに必要な単位当たりのCO2排出量などを用いるべきとした提言を

示しながらも、「地域経済や雇用に影響を与えない範囲での削減目標の引き上げを

推奨する」というこれまでの方針転換も示してます。

 

 

事業活動を営む上で、発生するCO2排出量は、企業業績が伸びれば当然増えます。

といっても、業績を下げるわけにもいきません。しかし、環境負荷低減の具体的事例を

経営のトップが把握し、事業活動を行なう必要があると思っています。

弊社は、車輌1台を解体するにあたっての、CO2排出量を、過去2年間集計しました。

現在は、解体の工程段階での削減方法を検討しています。

 

 

家庭でも、こまめに電気を消すようになりました。特にこれは嫁さんが推奨しています。

 

 

小生は、先日紹介した 「不都合な真実」 という、CO2排出に関する現実を紹介した本を

皆に読んで貰いたくて、貸し出しする事にしました。

まずは、中村真知子さんにお渡ししました。中村さんは、読んだらまた違う人にその本を

渡してくれます。読んだ人は、その本に名前を書いてもらって、また、誰かに渡します。

最後のスペースに小生の住所と電話番号が記入してありますので、いつか返して下さい。

1人でも良いです、2人でも良いです、でも、100人でも1000人でも良いです。

読んだら名前を書いて、書ききれなくなったら、いつか返して下さい。少しでも多くの人に

現実を理解して頂き、削減にむけて行動しないと、小さなことからでも、何か始めないと、

未来はないのです。

 

 

 

今しなくてはいけないこと、本当のことを、見失わないように、優先順位を間違わない様に

企業活動を持続させなければいけないと、感じます。

 

 

Category

Archive

最新のブログ

最新のニュース

カテゴリー

ARCHIVE

本社工場
〒501-2512 岐阜県岐阜市北野東68-1
TEL:058-229-3148(代表) FAX:058-229-5030

武芸川工場
〒501-2607 岐阜県関市武芸川町大字宇多院竪岩828-1
TEL:0575-46-1456


本社
〒501-2512 岐阜市北野東68-1
TEL:058-229-3148(代表) FAX:058-229-5030

武芸川工場
〒501-2607 岐阜県関市武芸川町大字宇多院竪岩828-1
TEL:0575-46-1456

古物商許可証:有限会社近松商会
岐阜県公安委員会 第53103000799号

Copyright (c) 近松商会 All Rights Reserved.